東西貿易株式会社 > 会社案内 > 海外拠点 > スリランカ

スリランカ

国旗IMG_1460

コロンボ駐在員事務所について

1968年7月、当時はまだ社会主義政権下のスリランカ政府に認められ、駐在員事務所を設立しました。以降40年以上の長きにわたり、スリランカとの商取引を継続しております。

当初は少量の肥料(硫安)輸出でスタートしましたが、それ以来スリランカが米や紅茶等を生産する農業国であることを踏まえ、農機・農薬と言った農業関連資材を中心に展開しております。

現在では、それら以外にも手術用手袋生産の原料となる合成ゴムや化学品も輸出していますが、今後は、一部着手しております、現地産品(紅茶・ゴム・ココナッツ・木製品・コンポスト・果物・モリンガ等)の輸入・三国間取引も推進したいと考えています。

現地からのメッセージ

スリランカは”インド洋の真珠”と呼ばれている、インド洋に浮かぶ島国で、ブルーサファイア、スターサファイア、キャッツアイ、スタールビーなどの貴重な宝石で良く知られています。

海岸線のビーチとは別に、スリランカの中央部は山や印象的な滝、目を引くような素晴しい湖と緑豊かな水田で覆われています。丘陵地帯は、主に茶畑となっており、”セイロンティー”と呼ばれる紅茶の生産・販売でも有名です。農業以外にも、昨今IT業界の成長も著しく、主力産業の一つになっています。

スリランカ人は親切なもてなしと謙虚さでよく知られており、人口の73%がシンハラ人、17%がタミル人、残りはイスラム教徒や他の宗教に属する人々(オランダ系やマレー系等)であり、多文化社会となっております。

高速道路・港・空港・鉄道などの社会インフラの整備により国が発展すると共に、一流ブランドホテルやレストランが続々とオープンする最大都市のコロンボは、アジアで最も魅力的な都市の一つとして認識されるようになりました。

安全で利便性の良いビジネス拠点として、多くのグローバル企業がスリランカに進出するのみならず、インドやアフリカへの進出の足掛かりとしての役割も今後は期待されております。私たちはスリランカで最も長い歴史を持つ日系商社の1社として、これまで培ってきた人脈や経験を最大限に活かし、日本・スリランカのビジネスに貢献できるよう、より一層精進してまいります。

東西貿易コロンボ駐在員事務所長 Rohana Hemachandra

東西貿易コロンボ駐在員事務所マネージャー  Chaminda Udawatte

スリランカーのイメージ画像スリランカーのイメージ画像

所在地・地図

コロンボ駐在事務所の地図
大きな地図で見る

Tozai Boeki Kaisha, Ltd. Liaison Office in Sri Lanka

住所 3-1/1, Maurice Place, Isipathana Mawatha, Colombo 05, Sri Lanka
電話番号 94-11-2555095
FAX番号 94-11-2555497
E-mail tozaicbo@sltnet.lk